Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

旧(きたきゅーから椛島健治の頭の中を送ります)

older | 1 | .... | 43 | 44 | (Page 45)

    0 0

    演題締め切りが二週間延長になりましたので7月4日までとなります(それ以上の延長はありませんので注意してください)。 米国研究学会(SID)や欧州研究皮膚科学会(ESDR)に日本から多くの演題登録があり、日本の存在感をしっかり示してきています。 その勢い・流れを引き継ぐためにもJSIDの成功は大切です。 高知大の佐野先生・中島先生を中心に素晴らしいプログラムが組まれつつあります。 国内で最大かつハイレベルのskin biologyの研究会ですので、できるだけ多くの演題登録と参加をお願いしたいです。 http://jsid42.jp/

    0 0

    BBCの記事がなんだか一番心を打たれた。 http://www.bbc.com/news/world-asia-40378443

    0 0
  • 06/24/17--08:33: 死に際して
  • 全ての人がいずれ死にます。全ての生物の宿命です。 そのことに対して、日本人は海外の人に比べるといささか準備ができていない、と感じるのは、自分が医者という特殊な職業に就いているからかも知れません。 ただ、これまで死を覚悟した瞬間というのは数回あり、それはバイクの事故だったり登山中だったり、海外旅行中だったり、実際に結構重い病気に罹ったりな訳ですが、いまこうして元気にしている訳なのでそれほど説得力があるわけでもありません。 ただ、世の中が、小林麻央さんの死に対して気安く早すぎるとかとやかく言うことに対して少なからぬ違和感を感じます。彼女には一度だけお目にかかったことがありますが、本当に天使のような方で、その人が、死に直面しながら、癌をはじめとして苦しんでいる人達に大きな希望を与えることができたことは、何にも代えがたい素晴らしいことだと感じます。 死を意識して、その中で全人的な愛を世界に与える事ができた方に対して、早すぎる死とか、そういう言葉は適切ではない気がしていて、僕はただただ心から尊敬しているし、また、そのことに対する市川海老蔵さんの会見にも心動かされました。 そんな中、朝のテレビを見て違和感を覚えたのは、海老蔵さんの会見中、カシャカシャというシャッター音。マスコミって、ひどいな。心ないな。。。そしてマスコミがやっていることが、国民を満たすためにやっているのだとすると、日本という国、そして日本人もひどいな。。。

    0 0
  • 06/27/17--06:24: 多忙の日日
  • 朝から夕方まで仕事がびっしり詰まっていて、なかなか忙しい日々です。 いつまでもこういう生活を続けるわけにも行かないので、不義理もやむをえず、最近はいろいろな仕事の依頼を断らざるを得なくなっています。。。 周りに嫌な思いをさせていることは良く理解しています。本当に申し訳ございません。。。

    0 0

    最近忙しくて(これは仕事だけでなくつきあいだったり遊びだったりするので同情は不要です)本がほとんど読めてなかったのですが、これは読みました。 この本を読んで、特に自分自身がこう変わるべき、というような思いを抱くわけではないわけですが、ただ、大隅先生の研究がどのように発展していったのかを詳細に記載されているchapterがあり、そこは楽しく読めました。ジョギング仲間の吉森先生の仕事を高く評価されているあたり、なかなかの力作です。 あとは、韓国がサイエンスの発展に力を入れている記事も感じる事がありました。

older | 1 | .... | 43 | 44 | (Page 45)